Weird

お役立ち情報を紹介するブログ

富山市から乗り物を5回乗り継ぎ、半日以上かけて黒部ダムへ行ってきた

2015/09/25

P9210634

皆さん、待ちに待ったシルバーウィークはどこへ行きましたか?

 

僕はといいますと、個人的に今日本で最もアツい県、富山県へ旅行してきました。

さて、富山の観光地といえば立山黒部アルペンルートが最も有名な観光地だと思います。

 

弥陀ヶ原の緑豊かな風景、

雪の巨壁の狭間を歩く雪の大谷、

みくりが池、美女平、雷鳥・・・、

そして黒部ダム。

 

雄大なる自然が織りなす風景は日本とは思えないほど壮大です。

 

今回はアルペンルートの中でも富山市内から最も遠い、黒部ダムへ富山市から日帰りで行ってきましたが、予想だにしない壮大な旅になりました。

 

ちなみに、

富山市から黒部ダムまで行くのにかかった時間:8時間!(往復:17時間!!)

かかった移動費(往復):13930円!!

 

自然のスケールもデカけりゃかかった時間と費用もデカいです。

 

富山市→立山駅

P9210350

朝6時過ぎの電車で立山駅まで行きます。

始発は早すぎて眠いということで一本遅らせたのですが、この判断が終わりの始まり。

既に電車は旅行客が大量に乗り合わせており、不吉な予感が脳裏をよぎっていました。

 

立山駅にて

GOPR0171

1時間後、立山駅に到着したものの予感的中。

GWにも雪の大谷へ行ったんですけど、今回もその時と同じ時間の電車で行きました。

まあGWほど、それも期間限定の雪の大谷ほど混むことはないだろうと思ったんですが、見事にやられました。

P9210362

180分待ちでした。

しかも列に並んでる途中に、買おうと思ってた立山ー黒部ダム間の往復きっぷが売り切れてしまいもうどうすればいいのか。

結局ルート変更して立山ー黒部ダムー扇沢間の片道切符を購入。帰りは長野から電車で帰ることにしました。

P9210356

立山駅周辺は大きな観光地はなく、皆さん暇を持て余しています。

P9210368

とりあえずアルペン牛乳とあんぱんという歴史上最強の組み合わせの朝食を食べます。

P9210378

立山駅で待ちぼうけしてる間、富山観光局のアンケート調査に答えてあげたら美味しそうな水をもらいました。

P9210394

駅をぶらぶらして土産物屋を冷やかしてみます。

P9210401

飽きたので近くにある「立山カルデラ砂防博物館」へ入って見学。心癒された後、ベンチに座って気づいたら爆睡していました。

何はともあれケーブルカー出発までの3時間を潰すことに成功しました。

 

立山駅→美女平

P9210406

もう昼前だというのに未だ立山駅。今日中に帰って来れるのか心配になりながらも立山ケーブルカーへ乗ります。

P9210408

果てしないほどの急斜面。

ケーブルが切れた時のことを思うと怖すぎです。

何よりもこれを作った作業員の方々には脱帽です。この日も実際に作業中の人たちがいましたけど、少しバランス崩したらあれ完全にアウトですね。

P9210411

約7分後、美女平へ着きました。到着したら脇目もふらずに次のバスを目指します。

 

美女平→室堂

P9210413

立山高原バスに乗って室堂を目指します。

室堂といえば春には雪の大谷をお目にかかる事ができる、スバラシイ場所ですよ。

P9210414

車窓からはめちゃめちゃ太い仙洞杉が見えて一瞬だけテンションが上がったんですけど、霧が凄くて少し不安です。

P9210421

本当なら日本一の落差を誇る滝、「称名滝」が見えるはずなんですけど、ご覧の通り全く見えません。何か損した気分です。

P9210425

そんなこんなでバスに揺られること50分、室堂へ到着。

春になれば日本随一の絶景が見られる室堂。

でも今回のお目当てはまだまだ先です。

 

室堂→大観峰

P9210427

室堂からは立山トンネルトロリーバスへ乗って大観峰へ。なんと山の中をバスが走るのです。

P9210428

こんな標高2400mぐらいのところでバスに乗ってトンネル通るなんてなかなか体験できないですね。

黒部ダム建設中はこのトンネルを使って資材を運んだそうです。

しかもこのトロリーバス、電気の力で走るので昨今の環境問題に配慮しています。

 

大観峰→黒部平

P9210474

大観峰の展望台からはチラホラ色づいた植物たちを見ることができました。

山の上だけあって紅葉も早いです。下界での紅葉はまだ先ですが、秋が来たことを実感します。

P9210481

遠くには霧から顔をのぞかせた黒部湖が。そしてその隣にはダムらしきものが見えます。

P9210484

高まりを隠しきれずに立山ロープウェイへ乗り込みます。

なんとこのロープウェイ、驚くべきことに支柱が一本もないんですね。この支柱が無いのは景観保護のためだけではないそうです。山では雪崩が起きることがしばしばあるようで、支柱があると逆に危険とのこと。

観光客が安全に旅行できるよう、いろいろと考えられています。

 

黒部平→黒部湖

P9210492

早くダムへ行きたい一心で間髪入れずに黒部ケーブルカーへ乗り込みます。さすがに疲れが溜まっています。

 

P9210494

黒部湖駅へ到着。あとはひたすら徒歩でトンネルのような道を進みダムを目指します。

P9210498

トンネルを抜けた僕が見たのは壮大な景色でした。

 

黒部ダムに到着

P9210516

すさまじい水量と風圧です。

期待が大きすぎて行ってみたらそこまで良くなかったって観光地ありますよね?

でも黒部ダムは予想通り、いや、予想以上にテンションが上がる観光地のひとつだと思います。

絶え間なく続く放水に圧倒されながらシャッターを押しまくります。

P9210546

晴れ間がのぞき、一瞬だけ美しい虹が現れました。

何かものすごい光景を見ているというか、こんなに欲張っちゃっていいのかと思うほどたくさんの景色を見ているような気がします。

P9210537

山なのか建築なのかよくわからないですけどさらにダムの方へ近づいてみます。

P9210556

かっこ良すぎます。一言で表すならば「要塞」。SF映画に出てきそうな、政府に知られていない秘密基地的な雰囲気です。

P9210567

男のロマンです。

しかしテンション上がりまくりでいたら水を差す出来事が。

P9210572

この旅の唯一の心残り。

ダムに興奮して写真を撮りまくっていたらダムカレーが売り切れてしまったので山菜かき揚げ蕎麦を食べます。

かき揚げも蕎麦もふつうに美味しかったので結果オーライです。

P9210560

壁に沿うような階段が要塞感丸出しです。

P9210579

色々と絵になりすぎてついつい写真を撮り過ぎてしまいますね。

最高の景色を見るために一番高い展望台を目指します。

P9210657

これが展望台の頂上からの景色。よくもまあこんな山奥にこんなでっかいダムを作ったものです。このダムを作るために何人の命が犠牲になったのか。昔の人々に思いを馳せます。

P9210642

建築的に完成度が高いことを確認し、展望台を後にします。

P9210597

ダムマニアにはたまらないダムカードも忘れずにもらいました。

ダムレストハウスでチケット見せたらもらえます。僕がレジでもらった時は皆さんダムカードを知らなかったのか、周りがザワついてて軽い優越感を味わえました。

 

帰り(黒部ダム→扇沢→信濃大町→富山)

P9210670

黒部ダムを堪能したら後は帰るのみです。

黒部ダムから扇沢までは関電トンネルトロリーバスで、

扇沢から信濃大町まではローカルバスで、

信濃大町から富山までは在来線を駆使して着いたのは夜の11時。

よくがんばりました。

 

まとめ

黒部ダムに行くなら断然放水期間中がおすすめです。大迫力の水しぶきに興奮すること間違い無しだと思います。

アクセスも悪いし交通費も高くつくけれど、個人的に満足度の高い観光地でした。

 - TABILOG ,