Weird

お役立ち情報を紹介するブログ

世界中を旅した僕が選んだ、街歩きしたい世界の街10選

2015/09/17

DSC_0690_01

今まで、カメラを片手に世界中の国々を旅してきました。

絶景ブーム真っ只中の世間だけど、世界には絶景だけでは語れないワクワクするものがたくさんあります。歩いているだけで楽しいお気に入りの街が見つかると、ついつい予定変更して長居してしまうこともよくありました。

今回は、そんな僕が今まで好きになった街の中でも特におすすめの10の街を紹介していきたいと思います。

選んだ基準はシンプル。一人で歩いているだけで楽しめるかどうかです。もちろん友人と行っても楽しめる街ばかりです。

これからの旅行の参考にしてみてもいいかもしれませんよ。

 

1 バラナシ

DSC_0364

インドのバラナシは全てが刺激的な街。

バラナシには観光地と呼べるものがガンジス川しか無いにもかかわらず、世界中、インド中から人が集まってきます。その理由はひとつ。ガンジス川はヒンドゥー教徒にとっての聖地だからです。

ヒンドゥー教徒でもない僕はここバラナシで沐浴するインド人を見て、その厳かな空気に衝撃を受けました。

バラナシは常にエネルギーにあふれています。道を歩いているだけで騙そうとしてくるインド人と一悶着起きそうになるのは今考えても面白い体験です。臭くて汚くて、狂犬病の犬もそこら中でウロウロしている雑多な路地裏は少し不気味だけれどワクワクします。

静かに観光させてくれない街、それがバラナシだと思っています。この街では思い通りに行かないことのほうが多いぐらいだけれど、時が経ってから不思議とますますバラナシのことが好きになります。

日本での変わり映えのない毎日に退屈した時は是非行ってみよう。

DSC_0304

ガンガーのガートには大量のインド人が集まります。

DSC_0357

朝方の沐浴風景は幻想的です。

 

2 ハンピ

DSC_0135_01

北インドだけでなく南インドも魅力的な街が多くあります。中でもハンピはおすすめしたい村のひとつ。

岩だらけの景色は地球とは思えない奇妙な光景です。どのようにしてこんな景色が出来上がったのか、気になる人は調べてみてください。

イメージしているインドとは一味違うインドが味わえて楽しかったです。できれば北インドを体験してからハンピに行ったほうが好きになると思います。

南インドの人々は北インドに比べるとしつこくなく、騙してくる人間も少ないです。日本人に興味津々の人が多いので一人でも楽しい街歩きができると思いますよ。

DSC_0438

ハンピではサドゥーに会って住居にお邪魔させてもらいました。一生忘れることのない貴重な経験でした。

DSC_0390 3

ハンピの街の中心部から川を隔てた対岸側では原付を借りてツーリングすることが可能です。絶景の道を眺めながら気の赴くままに旅をするのがおすすめです。

ハンピの丘から見えるサンセットは美しすぎて言葉を失います。

 

3 ラパス

DSC_0545_01

カオスな街といえばボリビアのラパスをおすすめします。

ここでは伝統衣装に身を包んだチョリータと呼ばれる先住民族の日常を見ることができます。カラフルな衣装がオシャレでおみやげに買いたくなりますね。チョリータはあまり観光客が好きではない人もいるらしいからむやみに写真を取るのは良くないかも。

ラパスは治安があまりよろしくないので街歩きの際には用心した方がいいですが、おそらくこんなにも混沌とした街は南米でもここだけだと思います。歩けば歩くほど新しい発見がある、飽きない街です。そして夜になるとすり鉢状の街全体にオレンジの明かりが灯り、目を疑うほど美しいです。

DSC_0731

坂だらけで標高が富士山よりも高いので張り切り過ぎると高山病になります。ちなみに僕は発症して丸二日間寝込みました。死ぬほど辛い体験でした。

 

4 プラハ

2804

ヨーロッパの中でもダントツで街並みが美しいのがチェコのプラハ。

高台から街全体を見下ろすと見事な赤い屋根の数々。ヨーロッパには赤い屋根の街並みはたくさんあるけれど、プラハは非常に洗練されていてイメージするヨーロッパそのものでした。綺麗なんだけど綺麗すぎない感じが最高。

物価は安いし、歩いているだけで笑顔になるような街ですよ。もう一度行きたいです。

そしてプラハにはミュシャという画家の美術館があるので是非行ってみることをおすすめします。それまではミュシャのことを全く知らなかったのですが、プラハを訪れてからファンになりました。気になる人は調べてみてね。

2659

プラハ城は大迫力。今まで見た城の中で一番感動したのがプラハ城です。内部の造りやミュシャのステンドグラスも必見。

 

5 ポルト

2201

ヨーロッパの中で僕の最も好きな街がポルトかもしれないです。

街の見どころはギュッと凝縮されていて、観光しやすい街です。僕の印象としては、ポルトはリスボンとパリを融合したような街です。リスボンみたいに坂の街なのでポルトガルっぽさもあるんだけど、パリのような豪華な建築も街中に散らばっています。もうワクワクが止まりません。

物価も安いし人も優しい。そこら辺の大衆食堂にふらっと入るととんでもなく美味しい料理が出てくる、夢のような街です。

是非スペインだけでなくポルトガルにも行ってほしいです。そしてリスボンだけでなくポルトにも行ってほしいです。

2221

路地裏歩きが捗る道がいっぱい。

2252

夕日がとんでもなく美しかったです。歳をとってからまた見に行きたいです。

 

6 グラナダ

613

スペインへ行くのなら南部のアンダルシア地方がおすすめ。中でもグラナダは街の規模や雰囲気などが街歩きに良いと思います。

アラブ系の文化がアンダルシアの中でもかなり色濃い街で、普通のヨーロッパではありません。グラナダ特有のゆったりとした、どこかレイドバックした雰囲気はクセになります。

そしてスペインといえば食の宝庫!グラナダではバル(バー)でドリンクを一杯頼むとなんと無料でタパ(タパス)と呼ばれる一品料理が付いてくるのです!しかもどの料理も最高にうまくてハズレが無いです。何食べても美味しいです。

人も陽気で、お酒を飲みながら騒いだりと楽しめること間違い無しだと思います。個人的にスペインになら移住を考えてもいいです。

散歩がてらにアルハンブラ宮殿とか見に行くのもいいと思いますよ。

 

7 トレド

214

スペインからはもう一つ、トレドをおすすめしたいと思います。

マドリードから電車で30分の小さな街で、歩いて一周できるほどの可愛らしい街。大好きな街のひとつです。

周囲にはタホ川が流れ、街の外れから眺めるトレド全景は素晴らしいです。

狭い迷路のような路地をブラブラ探検しながら昼寝中の野良猫と遊ぶのが至福でした。日帰りで行くのは勿体無いので是非とも一泊してのんびり過ごしましょう。

 

8 ベルリン

2419

ベルリンはドイツの中でも独特な街だと思います。

現代的な雰囲気で一切のムダがない、硬派な感じが歩いていて新鮮でした。他のドイツの街はお城や教会等が多く、どちらかと言うとメルヘンな女性的な街が多いです。それに対してベルリンは男感が凄いなあというのが僕の印象です。とにかくカッコいい街です。

ベルリンといえば最先端のクラブカルチャーなので、夜は街に繰り出すことをおすすめします。多くのドイツ人と仲良くなれたのはいい思い出です。

街自体はかなり広いので、電車を上手く活用しながら歩くのがいいと思いますね。

 

9 パリ

373

ここは入れておきましょう。花の都パリ!

見どころがありすぎて2、3日では回りきれません。しかもパリは川沿いを歩いているだけで優越感に浸ることができるもんだから必要以上にセーヌ川沿いを往復しちゃいますね。

ルーブルとかシャンゼリゼ通りとかも楽しいけれど、おすすめしたいのが町の北側のモンマルトル地区。少し治安が悪いみたいだけど、パリの下町情緒あふれるリアルな姿が見られると思います。早朝から散歩するのが気持ちいいですよ。

657

エッフェル塔など、建築物の完成度の高さは言わずもがなですね。

 

10 ニューヨーク

DSC_0631_01

ここ以上にエンターテイメントな街はないでしょう。ニューヨーク!

全てがビッグ!全てが刺激的!世界の中心が楽しくないわけがありませんよね。美味しい食べ物も素晴らしい芸術も楽しめる街。金に物を言わせた遊び方をしちゃいましょう。

私は一人でも十分楽しめる自信がありますが、ニューヨークは一人よりも大勢のほうが楽しみ方の幅がグーンと広がると思います。仲の良い友だちと行くのもいいし、現地で友達をつくることもいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ

今回は単なる絶景とか、写真に収めたい観光地ではなく、ブラブラと街歩きしたくなる街を集めてみました。

旅行系の記事を書いていると、再び旅に出たくなってしまいますね。

 - TRAVEL ,